写真はベルクール広場のサン=テクジュペリと星の王子様(La petit prince) フランス人のボクにとって,愛とヴァカンスのない夏は考えられない・・・ (vienne_pyramide@ yahoo.co.jp)
by vienne_pyramide
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フランス人のボクにとって,愛とバカンスのない夏は,考えられない



 さあ,来週は高原じゃ。
[PR]
# by vienne_pyramide | 2008-08-07 00:01 | フランス

かっこいい男,そう,ガルデル

チェ・ゲバラもいいけど,やはりアルゼンチンのいい男と言えば

カルロス・ガルデル

であらう。

タンゴの神様・仏様である。
彼の哀愁を帯びた歌声,そして彼の作曲した美しいメロディの数々。

Kせんせにとって,今もアイドルである。

c0085459_23382447.jpg

[PR]
# by vienne_pyramide | 2008-06-17 23:40 | 音楽

だれかを食事に招くということは、その人が自分の家にいる間じゅうその幸福を引き受けるということである


 フランス人シェフがよく引用するブリア・サヴァランの「味覚の生理学」に記された言葉だ。

 ブリア・サヴァランの活躍した17世紀は,フランス革命前であり,高級料理は,貴族のためのものであった。したがって今日とはちょっと違うのだが,レストランという空間のあるべき姿を見事に言い表した言葉である。

 ビストロ(リヨンではブション)とかブラッセリーもいいけれど,たまにはレストランで非日常がないとね。
[PR]
# by vienne_pyramide | 2007-08-07 07:46 | 料理

ちょい悪おやじ

 マリオ・ブルネロというイタリアのチェリストがいる。ファッションと風貌はまさにちょい悪おやじの面目躍如。演奏にもちょい悪の味が随所に出ている。

c0085459_025926.jpg
 

 Kせんせが勝手にちょい悪おやじと言っているだけなのだが・・・

 チェロの歌わせ方がさすがイタリアン。

 そして味のある少し渋めの節回しや心にくい演出の数々。

 それでいて,自然に耳にしみいってくるのだからすごい。

 秋に聴いたブラームスは,じ~んと来る演奏だった。

 まだ録音は少ないし,知名度はまだまだだけど,追っかけてでも聴く価値のある稀有のチェリスト。ありがたいことに日本にはよく来てくれる。ぜひチェックを!(2月のコンサートは終わってしまったのじゃ)
[PR]
# by vienne_pyramide | 2007-02-26 00:27 | 音楽

Le Petit Prince 2

 Aimer, ce n'est pas se regarder l'un l'autre, c'est regarder ensemble dans la même direction.

 愛するというのは、お互いを見つめあうことではなく、一緒に同じ方向を見ることなのです

 --- Saint-Exupéry
[PR]
# by vienne_pyramide | 2007-02-18 20:28 | 愛について


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧